XF60mmF2.4 R Macro 謎のフレア症状 – 完結編


そういえば『XF60mmF2.4 R Macro」のフレア症状問題』の結末を書いていませんでした。
この問題は、既に殆どのユーザーが解決していると思われますが「こんなトラブルもあった」という記録として残しておきましょう。
撮影:FUJIFILM X100S
さて、問題が起こったのは、FUJIFILM Xマウントの中望遠マクロレンズ「XF60mmF2.4 R Macro」です。解像度や画質は高い評価を幾つも受けている素晴らしいレンズです。

それで、問題のあったXF60mmF2.4 R Macroはどうなったのか?
始めに答えを言っておくと、問題のあったレンズはFUJIFILMにて本体ごとの取り替えとなり、その症状は全く発生しなくなりました。

撮影画像で症状を確認してみる

この謎のフレア、どんな条件で発生するかと言うと「撮影最短距離付近で絞りを絞ると、画像中央にフレアらしき白く丸い症状」が現れるといったものです。
撮影最短距離以外でも発生していたようですが、撮影画像に与える影響が低かったので気付き難かったです。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro
私が初めに「変だな?」と思ったのは、この向日葵を撮影中に起こった症状。
光源でもある太陽がレンズ面に当たらないようにカットしているにも関わらず、フレアのように画像中央が白っぽくなったのです。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro
この症状は、光源に関係なく絞り込む事で発生。室内撮影でも黒い被写体に向け、絞りを絞り始めた状態で確認出来るので、このレンズを所有するユーザーは確認しておくべき事でしょう。

ただ、現在生産されているレンズは対策済みなので、初期生産のレンズでなけれ問題ありません。

解決へ向けてのアクション

まずは、FUJIFILMのファインピックスサポートセンターへ電話にて症状を伝えると「サポートセンターのメアドに、撮影画像(縮小等の加工なし)を添付したメールを送信して下さい。」と言われたので、室内撮影した上の画像を添付して送信。

すると数日後に「ご指摘の症状を確認いたしました。レンズのみ送って下さい」との返事がメールで来ました。
また、送品するレンズに、症状状態のメモを添えて下さいとの事だったので、メモに問題の症状画像をプリント。レンズと共に「FUJIFILM修理サービスセンター」へ送りました。
念のためレンズの番号を控えるため番号を撮影しておきました。

メールの指示通り、問題のあるレンズを送品して数日過ぎたある日、サービスセンターより電話が入り「症状を確認しました。問題解決するにはレンズ本体の交換になります。そのためレンズの番号が変わります。」との内容でした。
希望は問題の解決だったので、レンズ交換による症状改善を快諾。

電話でのやりとりが済んだ数日後、本体交換されたXF60mmF2.4 R Macroが送られて来ました。

本体交換されたレンズの実写テスト

さて、交換されやって来たレンズを早速実写テストです。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro
まずは、野外での実写。
太陽という強力な光源がある中、フードを装着せず、最短距離付近で絞りf5.6です。
電子ファインダー、撮影プレビュー、共にフレアは発生は確認出来ません。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro
中央が若干濃い緑色部分にも白い円形フレアは見当たりませんね。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro
最後に室内で真っ黒な被写体を、絞りf8で撮影。
全くフレア症状は発生せず、レンズ本体の交換で問題解決されました。

サポートセンターへ問題の相談を始めてから解決まで約10日間。スムーズに問題が解決され、我フジノンマクロレンズは、今日も私の撮影に応えてくれています。
撮影:FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R
そう言えば、最近幾つかのフジノンレンズも新投入しているので、またレビューしてみたいと思います。