【XF27mmF2.8レビュー】どんより阿蘇の『ラピュタの道』で解像度チェック


私は阿蘇の外輪山の麓に住んでいます。
そんな阿蘇の外輪山で、何年前からか定かではありませんが『ラピュタの道』というフレーズをよく耳にするようになりました。はじめは「なんだろう?」と思っていたのですが、どうも、外輪山のある場所がそのポイントらしい。

北外輪山の尾根伝いには『ミルクロード』というの道が西から東まで延びているのですが、この『ラピュタの道』とやらは、熊本県道149号の狩尾地区と熊本県道339号ミルクロードの端辺原野を繋ぐ道『市道狩尾幹線』のことだと判明しました。このルートは以前からバイクで走っていたので「あそこだったのか!?」と少し拍子抜け。
阿蘇ラピュタの道
なぜ『ラピュタの道』という宮崎駿氏の作品を混ぜて呼ばれるようになったのか確認したところ、秋冬頃になると阿蘇の平野部の上空には雲海が発生することがあり、雲海が発生している時に『ラピュタの道』を訪れると空中に浮いたような峠道がみれるようで、そんな現象をまぜて名前が付いたようです。

といった長い前置きはさておき、久し振りの『XF27mmF2.8』レビューです。

長い間XF27mmF2.8を愛用しているのですが、レンズの描写(解像度)のチェックを忘れており、ただひたすらに日常スナップに使用しておりました。

先日『ラピュタの道』に寄る機会がありましたので、テストを意識して撮影してみました。天候は晴れであったのですが、遠方はかすんだ状態でしたのでチェックに最適な状態ではないです。しかし、こういった大気条件ならこんな描写をすると、ひとつの例として参考になれば幸いです。
ラピュタの道通行止め(15年7月3日現在)
ちなみに、こちらの『ラピュタの道』。5月頃の大雨による土砂崩れで7月3日時点では全線通行止めになっています。夏シーズンには補修が終わってくれると嬉しいですね。
XF27mmF2.8解像度テスト・サンプル画像
さて、今回チェックに使用する画像はこちら。カメラはFUJIFILM X-E1で撮影。画像データは、ホワイトバランスは太陽光、絞り優先AEでf/9、シャッタースピードは1/200、露出補正は無し、ISOは200です。
FUJIFILM X-E1 距離指標バー
ピント合わせはMF(マニュアルフォーカス)でおこない、被写界深度を表示する『距離指標バー(背面モニター下の薄青のバー)』を表示させ、ピントの範囲を確認しながら撮影しています。絞りF9だと、約10メートル付近から無限遠までがピントが合ってる範囲になります。切り出した部分は全てピクセル等倍。画像はJpegデータの撮って出し無加工です。
XF27mmF2.8 レンズ左上
まずは、右上の切り出した範囲から等倍でチェック。こちらは距離的にピント無限遠でレンズ部分では隅になります。遠距離は大気状態でかすんでいるのですが、家屋や建物のエッジ部分が表現できています。また、右手前の橋の中央線が確認できます。
XF27mmF2.8 中央左上
次に、中央右上の部分。このあたりはレンズ上でも中央付近になり画質が優秀なところ。道路脇に設置されたミラーポールと長方形の開示版の存在が判別できます。これに右上後方の無限遠距離にある家屋と白い物体の形状や質感が確認できます。そして、左後方の水田の水と土の浸り具合もわかります。
XF27mmF2.8 レンズほぼ中央
そして、ほぼ中央の画像。このあたりはレンズ中央部なのでもっとも高画質な部分。被写界深度でも中距離なので解像度はもっとも高い。ひび割れたり凸凹の荒れた路面の状態や、カードレールの錆ぐあい、風で流れる草原の模様がわかります。
XF27mmF2.8 レンズ右上隅
次に左上のレンズ隅の部分。遠くまで延びたラピュタの道は、コントラストが落ち気味ですが判別できます。それより、画像の上の部分にある、遠方の建物のテラス部分が確認できるところは優秀でしょう。
XF27mmF2.8 レンズ右下隅
最後に右下のレンズ隅の部分。こちらはカメラから3メートル位の近距離ですが、意外とボケが少なく、等倍で確認しなければピント的には問題がないように見えます。XF27mmF2.8は、絞りをF9あたりに設定しておけば、かなり広範囲でパンフォーカスが活躍するようです。
XF27mmF2.8 久住高原の空
今回の撮影では、遠方が霞んだ状態だったので、次回は抜けのいい状態でレビューしてみたいものです。