FUJIFILM X-T20 公式発表される


冨士フイルムは『FUJIFILM X-T20』を正式発表しました。発売は2月下旬に予定しています。

販売価格は、ボディ単体が税別10万5,000円前後、レンズキット(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)が税別14万円前後と予想されています。
FUJIFILM X-T20 前

機能・仕様

fuji-x-t20-kitlens
『X-T20』はX-T10の後継機モデルで、イメージセンサーに「X-Trans CMOS III」画像処理エンジンに「X-Processor Pro」を搭載。

フォーカスシステムは、像面位相差AFエリアの拡大とAFアルゴリズムを見直して高速AF(最速0.06秒)を実現している。

最高連写速度は8コマ/秒。連続記録枚数は、83枚(JPEG)。

その他、ライブビュー撮影では〔5.0コマ/秒〕の高速連写、起動時間〔0.4秒〕、シャッタータイムラグ〔0.050秒〕、撮影間隔〔0.25秒〕とシステム全体を高速化させています。

AF測距点を従来モデル(X-T10)の49点から91点(最大325点)に拡大。さらに、ファインダーの約40%(画面中央部49点)を像面位相差AFエリアとすることで、高速・高精度な位相差AFを可能にしている。
fujifilm x-t20-black_top
操作系では、ドライブダイヤルに「動画ポジション」を追加。静止画撮影から動画撮影への切り替えを瞬時に可能としている。
露出補正ダイヤルにはX-Pro2などの上位モデルと同じく「Cポジション」を追加。コマンドダイヤルとの併用で最大±5段の露出補正が可能。
fujifilm x-t20-black_r
液晶モニターは、静電式タッチパネルディスプレイ(約104万ドット)をシリーズモデルとして初めて採用。また、解像度も約92万ドットから約104ドットとアップしています。

動画記録は4K動画撮影(100Mbps、連続最大約10分まで)を採用。入出力端子にはHDMIモニター出力や外部マイク入力にも対応しており、本格的な動画撮影が行える。その他の設定では、フルHD(36Mbps、連続最大約15分まで)、HD(18Mbps、連続最大約30分まで)の動画撮影に対応させている。

製品情報

公式サイト