FUJIFILM X-Pro1 手動操作と特殊ファインダー


現在アメリカで開催されている「2012 International CES」と共同で併催されている「PMA」で、レンズ交換式ミラーレス「FUJIFILM X-Pro1」のアナウンスが行われました。

デザインやレンズラインナップは噂通りの仕様で、レンジファインダーカメラ・コンセプト(実際は違うが)で登場する事となった。こういった方向性のデジカメを要望する写真ユーザーは以前から相当存在していた思われるのですが、ついに販売出来る時代がやって来たのです。

FUJIFILM X-Pro1で特徴的と言われるのが「Hybrid Multi Viewfinder(ハイブリッド・マルチ・ビューファインダー)」です。ファインダーを覗いた感じは「FinePix X100」と同じイメージなのですが、複数の交換レンズの画角に対応するように、FUJIFILM X-Pro1では新技術のハイブリッドファインダーを搭載。FUJIFILMの独創的な技術力の高さが示されるカメラに仕上がっています。
 

幅広い撮影スタイルを実現する大口径フジノンレンズ

新型のハイブリッドファインダーも素晴しいのですが、FUJIFILM X-Pro1に用意される3本の「X-Mount」レンズも写真ファンには興味深いモデルで、35ミリフィルム判換算で(27 / 53 / 90)ミリ相当になる3本のレンズがラインナップされ、全てが大口径レンズ化されています。

個人的に嬉しいのが「XF 60mm F2.4 R Macro」。記載の通りマクロレンズとなっているので、今回発表されるレンズを一通り揃えれば、花や物撮りの接写から風景・ポートレイトと、大まかな撮影スタイルを、このシステムでカバーできます。また、FinePix X100の画質がかなり好評だったので、このモデルでも相当期待出来るものがあります。

たぶん、スポーツ撮影以外であれば仕事カメラとして活躍出来るクオリティでしょう。また、イメージセンサーには画質向上の為にローパスフィルターは採用していません。

同社の誇るカスタムCMOSセンサーとフジノンコーティングレンズ。それにFinePix X100で見せてくれた画像エンジン「EXRプロセッサ」の色合いに注目。写真ファン神髄のデジタルカメラが、遂にやって来たのかも知れませんね。

FUJIFILM X-Pro1の発売時期は、アメリカでは2月。価格は未定ですが、ボディ単体で15万円程度ではないでしょうか?