こだわりのアルミ削りだしFUJIFILM純正サムレスト


Leica Mシリーズを含む箱形のカメラには、ホールディングの安定性を向上させる為に、昔から『サムレスト』や『サムズグリップ』なるアクセサリーがあります。

しかし、箱形デジカメのXシリーズには、サムレスト等のアクセサリーは登場してませんでした。
そんな隙をついてか、サードパーティから各モデル専用のサムレストが登場。FUJIFILMユーザーなら、利用されてる方も少なからずいらっしゃることでしょう。

いままで純正アクセサリーの選択肢がなかった事もありますが、サードパーティ製のメリットは、価格がリーズナブルな事でしょう。
xpro1_TR-XPro
今回発売される『純正』モデルは、設計、材質、質感に高い付加価値をみせているようです。
発売される対応機種は、X-Pro1、X-E2、X100T、X30の4機種で、ボディカラーに合わせてブラックとシルバーが用意されます。

その高い付加価値に、まずは高品質なアルミ素材から、サムレストを一点一点削り出していることです。
TR-XPro
『削り出し』加工のメリットは、強度を求めたり、用途に適した性能の良いアルミ材を選択できること。一般的な、金型にアルミ素材を流し込む鍛造、鋳造に比べ、材料の不安定な要素がないので、使用するユーザーに高品質な商品を提供する事ができます。

ただ、生産する為には、毎回アルミ素材からパーツを削り出さないといけないので、大量生産にはコストが掛かってしまいます。これは、メーカー側のデメリットですね。
x30thumbsbox
そんな理由で価格がアップしてしまう分、純正品では、表面や角の美しい仕上げ(フィニッシュ)にこだわっています。また、指掛け部分には革シボ加工を施した滑り止めラバーを採用しており、これは使い勝手も良さそうです。

背面の『X』ロゴ刻印は好みの問題かな?

さて、このように価格が高いなりの理由に納得できるユーザーには、この新しいアクセサリーを選択する意義は高いと思います。
x-e2_TR-XE
私は、『X-E2』をメイン機として使用しているので、この純正サムレストを試してみたいと思っています。皆さんはいかがでしょうか?

FUJIFILM Xシリーズ専用サムレスト

TR-XPro

その他
TR-XPro]を探す

TR-XE

型番
TR-XE B / TR-XE S
適合カメラ
X-E1、X-E2
その他
TR-XE]を探す

TR-X100

型番
TR-X100 B / TR-X100 S
その他
TR-X100]を探す

サムレスト TR-X30

型番
TR-X30 B / TR-X30 S
その他
TR-X30]を探す

    関連する記事