α NEX-7とX-Pro1。2012年はファインダー内蔵スクエアボディカメラのラッシュイヤー!


去年は、LUMIXからEVF内蔵式スクエアボディのミラーレスカメラ登場するなら、今だ!今だっ!!!…と、散々吠えていたのですが敢えなく撃沈…すると、その想いを汲んでくれるように、2012年は「α NEX-7」と「X-Pro1」が登場。これにはかなり満足しています。

α NEX-7は、ソニーの高い技術力を垣間見せてくれるモデルで、よくもあんな小さなボディに超テンコ盛りの機能を載せながらも、素晴らしく昇華させたものだと感心しきりです(^‐^)

X-Pro1は、デジタルカメラ時代において「写真を撮る」事を純粋に楽しませてくれるカメラだと思う。かなりの写真愛好家が、X-Pro1のようなコンセプトモデルを、首を長くして待っていたのではないでしょうか?

私はLUMIXで、この方向性(α NEX-7の方)のモデルをが出て来る事を、まだ信じているのですが、そのモデルの登場が2012年になるのでは?と希望を持っている…多分、そうなるだろうと思っている。

そうそう!
元祖スクエアボディのLeica M10は今秋に登場の予定だとか。

そんな事をいろいろ考えながらも、旨いインド料理を堪能するこの頃です。